クリスマス島 ダイビング&フィッシング旅行ガイド

ダイビング

写真 クリスマス島は珊瑚礁でできた馬蹄型の小島で、その内側はラグーンと呼ばれる浅い内湾になっており、クリスマス島の固有種であるフレームエンゼルフィッシュはじめ数種類のエンゼルフィッシュで色鮮やかです。

湾口は外側から潮が入るタイミングにはギンガメアジやバラクーダ、マンタなど様々な回遊魚がめぐってきます。

島周辺のポイントは、潮あたりのコーナーではやはり回遊魚やサメが多くダイナミックなダイビングが楽しめるでしょう。

さらにボートの移動中には海鳥に囲まれたり、イルカの群れに遭遇したりするでしょう。特に水深2mほどのラグーンにはマンタが集まってきており、ボートからでもまたスノーケリングでも比較的簡単にマンタを見ることができます。

フィッシング

写真 クリスマス島は珊瑚礁でできた馬蹄型の小島で、その内側はラグーンと呼ばれる浅い内湾になっており、ここがクリスマス島で有名なボーンフィッシュのフライフィッシングのフィールドでポイントとなる主だった浅瀬には各々名前がつけられています。

この島は通年風が吹いていて周辺はいつも風波が立っています。風向きは一方向ではなく日々変わり、またうねりが入ることもあります。

ターゲットはGT、キハダマグロ、ハタ類をはじめとする根魚が多く大型のものも少なくありません。またカジキマグロもしばしば水面近くに姿を現します。

GTはキャスティングだけでなく、ジギングでも50〜100mくらいで20〜60キロサイズを狙える可能性のあるフィールドです。

バードウォッチング

写真クリスマス島は海鳥の宝庫で、アジサシなど数多くの海鳥がここで巣をつくっています。

海鳥たちの住処は主にラグーンにあり保護区となっていますが、公認ガイドとともに観察や撮影をすることが出来ます。




フィッシング&ダイビング・ロッジ「イカリハウス」

写真 イカリとはキリバスの言葉でボーンフィッシュを意味します。イカリハウスはクリスマス島の中心地ロンドンに位置し、その名の通りボーンフィッシングを楽しむゲストをはじめ海釣りのアングラーやダイバーが快適にレジャーを楽しむためにつくられたロッジです。









最新情報

更新情報


「クリスマス島 おさかな図鑑」ができました

2007年11月12日


ツアーお取り扱いについて

弊社のプロデュースするクリスマス島ダイビング、フィッシングパッケージ、ツアー商品は、 ダイビング専門旅行会社各社でも取り扱いの予定です。詳しくは各旅行会社にお問い合わせください。